2008年06月10日

■「一生型の権利収入」

一生型収入
―――――――
この言葉は、ロバート・アレンの「億万長者入門」からきています。
もし、お読みになったことがなければ、一度目を通されることをお薦め
いたします。


正式には「ロバートアレンの実践億万長者入門」という本です。
その実践億万長者入門からの抜粋です。

読み物として、軽い気持ちで読み流してみてください。

参考資料:フォレスト出版 ISBN4-89451-125-8
     実践億万長者入門 著者:ロバート・G・アレン 訳者:神田昌典

    「まえがき」P13



1950年代、一家族が生きていくのに必要とされた収入源はいくつだったで
しょうか。


1つだけです。



今日、たった1つの収入源で生活していける家族はめったにありません。


また、将来のことを考えると、たとえ収入源が2つあったとしても、
十分とは言えません。今日、将来を予測するのはますます難しくなっています。


ですから、複数の収入源を持つことはとても賢明なことなのです。
成功を手にしている人たちは、常にこのことを知っていました。


1つの流れが枯れても、ほかのたくさんの流れで補うことができます。
一方、普通の人々は、とても危うい立場にあります。


1つの収入源を失うと、そのまま破滅してしまうということにもなりかね
ません。



そして再び立ち上がるには、何年もかかってしまうのです。
                 (中略)

あなたは今、複数の収入の流れがありますか?
そろそろ新しい流れを加えてもいい時期ではないでしょうか?



   2種類の流れ 「それきり型」と「一生型」 P55−56

収入の流れはすべて同じではありません。
ある流れは「それきり型」で、またある流れは「一生型」です。

次の質問に答えることで、あなたの収入がどちらの型かがわかります。




 「働いた一定の時間に対し、何回報酬が支払われますか?」

「1回だけ」という答えであれば、あなたの収入はそれきり型です。
たとえば給料はそれきり型の収入です。


1つの努力に対し、報酬が支払われるのは1回だけです。
そして、職場に行かなければ、給料ももらえません。


一生型の収入では、一度一生懸命働けば、何ヶ月、
ときには何年も安定した収入が入り続けるのです。
1回の労働が、何百回も報われるなんて、素敵だと思いませんか?



一生型権利収入では、一度だけ一生懸命に働けば、その労働に対して、
何度も、何ヶ月も、何年も安定した収入が入り続ける生涯型タイプの
収入です。印税的収入とも呼ばれます。


これは、本の著作をして、
その本が売れ続ける限りは印税収入が入るからです。



特許的収入とも呼ばれています。特許をとれば、その特許を使用し続ける
企業があるかぎり、継続的な収入があるからです。
(少なくともあなたが生きている間は。)



構築できたネットワーク組織での流通売り上げ高に応じて、
還元される利益のことを一般的に権利収入と言います。
「ロイヤリティ」などと言うこともあります。



組織流通がある限り、継続的に発生する利益が、MLM(ネットワーク
ビジネス)での最大の魅力の一つですが、しかし、永続のためには常に
組織のテコ入れは必要です。



組織流通の継続性がキーポイントとなるために、
消耗品や必需的(役務の)継続手数料や利用料などがビジネス商材として
一般的に良いといわれています。



また、継続性の維持のため商材自体の良さが重要であることは言うまでも
ありません。


MLMではありませんが、パテント使用料、著作権料、電話料、携帯通信費、
電気料、ガス料、新聞の購読料、家賃、地代なども供給側から見ると
比較的安定している権利的収入ということもいえます。


つまり、権利収入とは総じて『過去の仕事を基礎とする継続的インカム』
のことと言ってもよいでしょう。


通常の給与収入は、これと対比して「それきり型」収入と呼ばれます。

私たちは、ネットワークビジネスを通じて、「一生型収入」を得ることが
可能なのです。


本の著作も必要なければ、特許を開発する必要もありません。
特殊な能力はまったく必要としないのです。



特に私たちのグループでは、メールが出来る程度のパソコン知識だけで、
一生型権利収入を手に入れるチャンスを得ることが出来るのです。


でも、勘違いはいけません。

まったく働かなければこの収入も手にすることはできません。
なにもかも人任せ、自分では考えることも覚えることもしないで収入が
入るほど、今の世の中は甘くはありません。


とは言ってもご安心してください。


あなたがビジネスに参加されても、放っておくことは絶対にしません。
あなたの成功がわたしの成功というネットワークビジネスの仕組み
だからです。


サポート体制は充分すぎるほど整っています。 

 
ビジネス選びの、もっとも、「重要なポイント」は、
いかにあなたの「成功の手助け」をしてくれるかにかかってきます。


もちろん、会社選びで失敗したらそれまでですが、
同じ会社でもそのグループによって、伸び率が全く違うのです。


と、書きましたが。。伸び率が低いグループだったらどうしよぅ〜

soon《愛は勝つ》
posted by カリメロ at 06:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。